祝う時期、お祝いの相場、お返しなど古希祝いのマナーを解説。

古希はいつお祝いするのでしょうか。また、古希祝いのプレゼントの相場はどのぐらいでしょうか。
満70歳の誕生日前後や家族が集まりやすい日にお祝いをすることが多くなっています。両親への古希祝いの相場は10,000円~100,000円となっています。

 

古希祝いのマナー・相場

 

古希をいつ祝うか

 

古希のお祝いは、数え年で70歳、満年齢69歳の年に行うのがしきたりです。

しかし、現在では、満年齢で年齢を把握することが普通になっていますので、満年齢70歳の年にお祝いをする方もいらっしゃいます。
また、この日にお祝いをしなければならないといった特別な日があるわけではありません。

一般的には、誕生日前後や敬老の日、その他、家族や親戚が集まりやすい日を選んで、お祝いをする方が多くなっています。

 

古希祝いの相場

 

古希祝いの相場は、住む地域や贈る相手との親しさの度合いによって変わります。
一般的な相場としては、

 

贈る相手 相場
両親 10,000~100,000円
祖父母 10,000~30,000円
親戚 5,000円~20,000円
その他 5,000円~10,000円

 

All About(富田いずみ氏), kakaku.com(コミニュケーション研究家 尾塚理恵子氏)、Benesse l ife Smile Shop(現代礼法研究所 岩下宣子氏)、冠婚葬祭おつきあいとお金のマナー(早井千代子氏)参照

 

のし・水引き

 

「のし」の表書きは「古希御祝」「祝古希」「御古希御祝」。
長寿祝いは何度でも繰り返したいお祝い事なので、水引は紅白か金・銀の蝶結び。

 

古希祝いのお返し

 

基本的にお返しは不要とされています。お祝いをしてくれる家族に対しては「ありがとう」の言葉が一番でしょう。

祝宴が催された場合や遠方からお祝いをいただいた場合は、紅白まんじゅうなどの祝い菓子・赤飯・菓子折りや、「寿」などの長寿の一文字が入ったふくさなどを内祝いとして配ります。
金額としては、お祝い金の1/3~1/2程度、数千円~1万円位で用意する方が多くなっています。

水引は、紅白の蝶結びが基本です。
表書きは「内祝」また「古希内祝い」。